ホームページ作成を個人に依頼する費用とメリットとは

ホームページ

ホームページ作成サービスは無料のものもありますが、管理画面の操作が難しかったり、テンプレートがなかなか決まらなかったりと、個人が作成するには難しいものです。しかし、web制作会社に依頼すると初期費用だけでも10万円以上してしまいます。そこでおすすめなのが個人でホームページ制作をしている会社です。

というのも、近年では、ワードプレスというブログシステムが全世界で広まり、様々なサイトテンプレートが誕生しています。それらを使いこなすことで個人でも良質なホームページを作成できるようになりました。

個人に依頼するメリット 費用が格安でできる

ホームページの作成は専門のスキルがあれば、必要な設備はパソコンだけです。この点は個人でも企業でも違いはありません。大きな違いは固定費の違いです。
企業の場合、オフィス家賃や交通費などのコストが制作費にかかってきますが、個人の場合は固定費を最低限まで下げることができます。サーバーやドメインなどはどこで作成してもほとんど差はありませんので、組織規模の違いは大きく料金の違いになります。

テンプレートを使用して費用が安い場合は5万円~が相場です。ページ数によって増えていきます。

個人に依頼する際の注意点

一方、個人にホームページ作成を依頼する際に注意したいのが、相手の経験、スキルのレベルです。webスクールで勉強したての経験の浅いデザイナーの場合、仕上がりがイマイチになる場合もあります。依頼する際は相手の経験と実績を確かめた上で、信頼できる人に頼みましょう。

ホームページに必要な内容とは

ホームページには様々なデザインがありますが、実は構成や必要な内容のバリエーションはそれほど多くありません。店舗の場合は見出しとなるヘッダー画像、店舗の特徴、店舗情報、サービスメニューがあれば役割を果たすことができます。従来のホームページはこれを各1ぺーじずつに分けて作られていましたが、ページ単位で料金が発生する場合は料金も高くなってしまいます。
近年では、スマホサイトのニーズも高まり、ホームページはよりコンパクトな構成が好まれます。また、PCとスマホの両方に対応したレスポンシブデザインも誕生し、1ページに必要な内容を詰め込むこともできるようになりました。技術の進歩を活かすことで、個人の制作でもクオリティの高いホームページが作れるのです。

ホームページは自分で作れる?

W〇XやJ〇NDOなど、無料でホームページを作れるサービスがあります。これらの特徴は、サーバー代もドメインも込みで無料という点です。通常、ホームページを作る場合はレンタルサーバーやドメインの準備から始まります。サーバーやドメインの知識は専門性があるため、一般の人には難しいですが、それも用意されています。
とても便利ですが、デメリットもあります。一つは、サーバーが低速で表示が遅くなる場合があることです。画像を多く使ったサイトの場合は使いにくくなります。もう一つはドメインです。ドメインはホームページの住所の役割ですが、無料サービスを利用すると、そのサービスのドメインを使用することになります。そのため、覚えにくかったり、SEO対策にも向いていません。

日本web協会

Follow me!

タイトルとURLをコピーしました